kc01
採用・募集要項
採用・募集要項
採用・募集要項

看護部紹介

私たちの職場をご紹介します!

3A病棟 【消化器内科・一般外科・呼吸器内科】

3A病棟 【消化器内科・一般外科・呼吸器内科】の画像

3A病棟は、主に消化器外科・内科、乳腺外科、呼吸器内科の患者さまが入院されています。外科的治療や化学療法など急性期から終末期まで幅広く看護を提供しています。がん性疼痛看護認定看護師による心や身体のケアにも力を入れています。患者さまに本来備わっている病気を治す力である自然治癒力を最大限に発揮し、回復する過程を支援しています。また、患者さまが退院後も安心して在宅で生活ができるよう外来と連携を図っています。患者さまやご家族の声に耳を傾け、その人らしく過ごせるよう、丁寧なケアを目指しています。

3B病棟 【循環器内科・呼吸器外科・整形外科・小児科・産婦人科・ICU・NICU】

3B病棟 【循環器内科・呼吸器外科・整形外科・小児科・産婦人科・ICU・NICU】の画像

3B病棟は、主に循環器内科・呼吸器外科・整形外科・小児科・産婦人科など、多くの診療科を担っています。


そのため、新生児から高齢者と幅広い年代の患者さまに「明るく元気に、プロの目と手と心でケアする」ことを目指して、積極的に学習会や院外研修へ参加しています。


私たちは、急性期から患者さまの意志決定を支援しながら、その人らしい生活ができるように退院支援に力を入れています。

4A病棟  【地域包括ケア】

4A病棟  【地域包括ケア】の画像

4A病棟は、急性期の治療後、回復に不安のある患者さまが、安心して自宅や施設で暮らせるまでのサポートを行っています。超高齢の骨折された患者さまが大半を占めています。受傷から入院・手術と急な環境の変化に伴う身体的・精神的苦痛に心を寄せ、早期に元の生活に戻っていただけることを目標に、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーがチームとなり、回復のお手伝いをしています。患者さまが、手術後ベッド上の生活を余儀なくされた状態から初めて歩行できた時は、病棟全体で喜び合っています。入院という環境の変化で認知力が低下してしまう方もおられますが、認知症看護認定看護師を中心に患者さまの尊厳を守り、心地よく安全に過ごして頂けるよう取り組んでいます。

5A病棟 【内分泌内科・消化器内科・泌尿器科・眼科】

5A病棟 【内分泌内科・消化器内科・泌尿器科・眼科】の画像

5A病棟は、泌尿器、消化器疾患の検査・治療、糖尿病教育、白内障手術、がんの治療、終末期ケアが必要な患者さまを担当しています。手術や検査が安心して受けられるよう患者さまの声に耳を傾け支援します。また、生活習慣病の一つである糖尿病の教育入院では糖尿病看護認定看護師が活躍し、自宅での運動習慣に繋がるようラジオ体操をスタッフと行っています。


入院前の生活習慣を大切にし、患者さまやご家族が希望される療養生活が送れるようお手伝いします。


 

外来診療棟 【救急室・検査・診療科】

外来診療棟 【救急室・検査・診療科】の画像

外来診療棟は、救急室・検査、診療科を担当しています。救急室では、24時間体制で予期せぬ発病や突然の受傷の患者さまの受け入れを行っています。より早く診療を必要とされている患者さまを見極め、診療へとつないでいます。検査では心臓カテーテル検査や胃・大腸カメラなどの検査時に患者さまに寄り添い、不安や緊張を最小限に出来るように心がけています。診療科では、外来受診という限られた時間の中で、訪れる患者さまに安心して診察を受けていただける環境づくりに努めています。外来には看護外来もありますので、お気軽にお問い合わせください。

透析センター

透析センターの画像

私たちは、患者さまとそのご家族が、透析療法を受けとめ主体的に自己管理し、安定した透析療法が継続できることや地域社会の中でその生活の質の維持向上をめざし、安心・安全・安楽な看護の提供に努めています。医師、コメディカルなど多くの職種と協働し、患者さま本位の看護の実践に取り組んでいます。看護体制は、受け持ち看護方式でナイチンゲール看護論を継承するKOMI理論を活用し、患者さまの尊厳を守りあたたかい援助に努めてきました。患者さまの高齢化や長期化、合併症の重症化に伴い、専門職に求められる資質もより高く役割も大きくなっています。私たちは、より高度な知識と技術を備え幅広く高い見識のある看護師を目指し院外研修にも積極的に参加して自己研鑽を行っています。学会認定の透析療法指導看護師や透析技術認定士資格を有した看護師が働いており、キャリアアップ支援も行っています。

手術室・中央材料室

手術室・中央材料室の画像

私たち手術室看護師は、患者さまに安全で安心して手術を受けてもらえるよう、院外研修に積極的に参加して自己研鑽に励んでいます。手術前には患者さまのお部屋を訪問し、イラスト入りの説明用紙を使って分かりやすく説明することを心がけています。手術前に患者さまからお伺いした情報は手術を担当するスタッフで共有し、患者さま一人ひとりにあわせた看護を実践しています。

外来化学療法室

外来化学療法室の画像

外来化学療法室では、がん化学療法を受けられる患者さまが、自宅での生活や仕事を続けながら治療ができるよう両立支援に取り組んでいます。


治療中は室内に音楽を流し、テレビを設置したリクライングチェアやベッドでゆったり過ごしていただけるようにしています。がん化学療法看護認定看護師を中心に、看護師が患者さまの気がかりについて傾聴し、副作用の症状緩和をサポートします。


さらに患者さまに専門性の高い知識や技術を提供するために医師、薬剤師、ソーシャルワーカー等多職種で連携し支援しています。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションの画像

訪問看護ステーションでは、訪問看護と居宅支援の2つの業務を行っています。 居宅介護支援は、全員看護師の資格を持ったケアマネジャーが担当しています。介護保険法に基づき、高齢者の自立した生活を支援するために、時間をかけてお話を伺い、生活の課題を分析し、問題解決に必要な介護サービスの提案や調整をさせていただきます。医療との連携にも力を入れています。訪問看護は、看護師がご自宅に訪問し、医療的な処置や健康管理の相談をさせていただきます。年齢を問わず、介護保険や医療保険で利用できます。医療的なことだけでなく、住み慣れた自宅で、その人らしい生活が続けられるようにお手伝いします。病院内の認定看護師との同行訪問も活用し、ターミナルケアにも頑張っています。

pagetop