kc01
採用・募集要項

看護部紹介

私たちの職場をご紹介します!

3A病棟 【消化器内科・一般外科・呼吸器内科】

3A病棟 【消化器内科・一般外科・呼吸器内科】の画像

3A病棟では、消化器外科・内科、呼吸器内科の患者様が主に入院されています。外科的治療や化学療法を行っています。また、がん性疼痛看護認定看護師による心や身体のケアも取り入れ、生体のもつ自然治癒力を最大限に発揮し、回復する過程を支援しています。外来との連携を図り、退院後も安心して療養生活が送れるよう継続看護を行っています。 PNSを取り入れ、一人一人の能力が最大限に発揮でき、患者様から選ばれる質の高い看護を目指しています。自分にも優しく人にも優しく、思いやりの精神を忘れず患者様との時間を大切にしています。

3B病棟 【循環器内科・呼吸器外科・小児科・産婦人科・ICU・NICU】

3B病棟 【循環器内科・呼吸器外科・小児科・産婦人科・ICU・NICU】の画像

3B病棟では、急性期を担う病棟として質の高い適切な医療の提供と、専門性の育成に力を入れて頑張っています。産科では助産師が、妊婦指導・出産・退院後の乳房外来・育児相談を通してお母さんの支えになれるように取り組んでいます。さらに「患者が笑顔になれる看護」を目標として日々看護しています。また、恒例行事である患者さまとともに楽しむ夏祭り、ハロウィン・クリスマス会を通じて患者さまも職員も楽しく元気になれる取り組みを継続して行っています。

4A病棟 【整形外科・眼科・一般内科】

4A病棟 【整形外科・眼科・一般内科】の画像

綾部市は高齢化率が都市部より高く、当病棟は超高齢者の骨折が大半を占めています。受傷から入院、手術と急な環境の変化に伴う身体的・精神的苦痛に心を寄せ、元の生活に早期に戻っていただけることを目標に、医師、看護師、理学・作業療法士などがチームとなり、回復のお手伝いをしています。患者さまが初めて立てたり、歩行できたりした時は、病棟全体で喜び合っています。入院という環境の変化で認知力が低下してしまう方もおられますが、認知症看護認定看護師を中心に患者さまの尊厳を守り、安全に心地よく過ごして頂けるよう取り組んでいます。

5A病棟 【内分泌内科・消化器内科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・皮膚科】

5A病棟 【内分泌内科・消化器内科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・皮膚科】の画像

5A病棟は泌尿器、消化器疾患の検査・治療、糖尿病教育、がんの治療、終末期ケアを担当しています。ライフスタイルや生活習慣の調整していくために患者さまやご家族とこれまでの生活を振り返る時間を大切にしています。また終末期ケアにおいては、患者さま一人ひとりの思いに寄り添うよう緩和ケア認定看護師が中心となり、がん性疼痛看護認定看護師による疼痛管理をはじめ、心のケアも大切にしています。

外来診療棟 【救急室・検査・診療科】

外来診療棟 【救急室・検査・診療科】の画像

外来診療棟は、救急室・検査、診療科を担当しています。救急室では、24時間体制で予期せぬ発病や突然の受傷の患者さまの受け入れを行っています。より早く診療を必要とされている患者さまを見極め、診療へとつないでいます。検査では心臓カテーテル検査や胃・大腸カメラなどの検査時に患者さまに寄り添い、不安や緊張を最小限に出来るように心がけています。診療科では、外来受診という限られた時間の中で、訪れる患者さまに安心して診察を受けていただける環境づくりに努めています。外来には看護外来もありますので、お気軽にお問い合わせください。

透析センター

透析センターの画像

私たちは、患者さまとそのご家族が、透析療法を受けとめ主体的に自己管理し、安定した透析療法が継続できることや地域社会の中でその生活の質の維持向上をめざし、安心・安全・安楽な看護の提供に努めています。医師、コメディカルなど多くの職種と協働し、患者さま本位の看護の実践に取り組んでいます。看護体制は、受け持ち看護方式でナイチンゲール看護論を継承するKOMI理論を活用し、患者さまの尊厳を守りあたたかい援助に努めてきました。患者さまの高齢化や長期化、合併症の重症化に伴い、専門職に求められる資質もより高く役割も大きくなっています。私たちは、より高度な知識と技術を備え幅広く高い見識のある看護師を目指し院外研修にも積極的に参加して自己研鑽を行っています。学会認定の透析療法指導看護師や透析技術認定士資格を有した看護師が働いており、キャリアアップ支援も行っています。

手術室・中央材料室

手術室・中央材料室の画像

私たち手術室看護師は、手術を受ける患者さまの安全を守るために、手術前訪問や手術前カンファレンスを行っています。手術前訪問ではイラスト入りの説明用紙を使って分かりやすく説明することを心がけています。手術前に得た情報は手術を担当するスタッフ間で話し合いを持ち、個別性のある看護を実践しています。そして、手術中は麻酔によって眠っている患者さまの代弁者となれるよう、特に安全・安楽に気を配っています。また、手術室看護師としての専門性を獲得するため独自のラダー制度の活用や、異動者のためのプリセプター制をとっています。

外来化学療法室

外来化学療法室の画像

外来化学療法室では、外科(呼吸器・乳腺・消化器)、内科(呼吸器・消化器)、整形外科、泌尿器科、婦人科、皮膚科の各診療科より依頼があり、化学療法を行っています。 昨年度実績は、891件、月平均75件です。点滴中は、ゆったりと過ごして頂くことができるよう、室内には音楽を流し、リクライニングシートでは備え付けのテレビを見ることができます。患者さまが安心して治療をうけられるように、初回時にはオリエンテーションを実施し、不安を軽減できるよう関わっています。また医師、薬剤師、MSW等、多職種との連携を密にし、通院による治療が継続できるよう支援しています。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションの画像

訪問看護ステーションでは、訪問看護と居宅支援の2つの業務を行っています。 居宅介護支援は、全員看護師の資格を持ったケアマネジャーが担当しています。介護保険法に基づき、高齢者の自立した生活を支援するために、時間をかけてお話を伺い、生活の課題を分析し、問題解決に必要な介護サービスの提案や調整をさせていただきます。医療との連携にも力を入れています。訪問看護は、看護師がご自宅に訪問し、医療的な処置や健康管理の相談をさせていただきます。年齢を問わず、介護保険や医療保険で利用できます。医療的なことだけでなく、住み慣れた自宅で、その人らしい生活が続けられるようにお手伝いします。病院内の認定看護師との同行訪問も活用し、ターミナルケアにも頑張っています。

看護師長室

看護師長室の画像

看護師長室のメンバーは、看護部の中枢を担う裏方です。スタッフが安心して働き続けられる体制づくり、看護の質評価に取り組んでいます。各部署から要請があれば応援調整もしています。感染管理認定看護師・リスクマネージャーは、専従として患者さまに安全で安心な治療を受けていただけるように日々ラウンドを行い、病院全体の最新の情報が発信できるように努めています。就職説明やインターンシップなどご希望の方は、随時看護部事務にお問い合わせいただき、気軽に看護師長室にお立ち寄りください。お待ちしています。

pagetop