呼吸器外科

概要

1

原発性肺癌・転移性肺腫瘍や縦隔腫瘍、胸膜・胸壁腫瘍などの胸部悪性疾患のほか、気胸・膿胸などの良性胸膜疾患、肺結核・肺真菌症などの炎症性肺疾患、重症筋無力症や手掌多汗症などの特殊な疾患も取り扱います。また、診断を目的としたびまん性肺疾患や縦隔腫瘍などの手術(生検)も行います。手術は可能な範囲で低侵襲な胸腔鏡下での手術を行います。拡大手術等は京都府立医科大学呼吸器外科と連携をとることで専門的医療が提供できるように努めています。気胸などで緊急を要する場合も救急で対応いたします。

肺がんの手術について

haigan

肺がんの手術は胸腔鏡(きょうくうきょう)と呼ばれる径1cmくらいの長い筒状のカメラを用いて行っています。これを肋骨と肋骨の間から挿入して胸腔内を見ながら手術操作を行います。一昔前は20-30cm位の大きな傷で、かつ肋骨を切って手術を行う「開胸手術」が主として行われていましたが、現在では胸腔鏡手術が主流になっています。大きな利点としては、傷が小さくて済むので手術後の痛みが少ないこと、手術後の回復が早いことなどがあげられます。肺がんの標準手術である肺葉切除術の場合、手術から退院までは約7−10日程度です。輸血はほとんど必要ありません。

統計(過去5年間)

手術症例数と原発性肺癌術式の内訳

kokyuukigeka_graph

.

診療日

木曜日

完全予約制(ただし緊急の場合はこの限りではありません)

月曜日・金曜日

通常の受付(7:30~11:30)

※詳しくは外科外来へお問い合わせください。
なお、肺癌予防の観点から禁煙外来(隔週の金曜日・完全予約制)も行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
> 禁煙外来のページへ

スタッフ紹介

氏名

卒年役職名専門分野資格

下村 雅律
(しもむら まさのり)

H14年部長肺癌、縦隔腫瘍、気胸、膿胸などの呼吸器関連の外科治療
胸腔鏡手術
術後の抗がん剤化学療法
日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
がん治療認定医
日本胸部外科学会正会員
京都府がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

岩﨑 雅
(いわさき まさし)

H27年医師呼吸器外科

お知らせ

非小細胞肺がん手術例における術後病期進行に関連する因子の検討について
綾部市立病院呼吸器外科では、原発性肺癌患者の術後合併症・予後に関する研究「外科切除した原発性肺癌患者の術後合併症および予後の予測因子解析」を実施いたします。そのため、過去に当院で原発性肺癌に対する手術を受けられた患者様の診療録を過去にさかのぼって調査させていただきたいと考えています。


研究の目的
本研究は、原発性肺癌に対する手術を受けられた方の、手術後の合併症発生や、再発および生存期間に影響を及ぼす可能性のある因子を明らかにし、より安全で効果的な治療およびフォローを行い、患者さんの予後改善につなげることを目的としています。


研究の方法
・対象となる患者様について
2014年1月1日から2016年12月31日までの間に、綾部市立病院呼吸器外科で原発性肺癌に対する手術を受けられた患者様が対象となります。
・方法について
2014年1月1日から2016年12月31日までの間に、綾部市立病院呼吸器外科で原発性肺癌の手術を受けられた患者様が対象となります。本研究は過去の記録を用いる研究ですので、参加者となる皆様に新たな検査負担や危険が及ぶことはありません。記録から得られたさまざまな所見と手術後の経過を解析します。
・資料の管理について
情報はすべて匿名化され、個人が特定されることはありません。また、研究発表が公表される場合でも個人が特定されることはありません。
ご自分、あるいはご家族の情報を本研究に登録したくない場合は、2017年9月30日までに下記連絡先までご連絡ください。
なお、上記までに申し出がなかった場合には、参加を了承していただいたものとさせていただきます。


本研究は、綾部市立病院倫理委員会において、適切な研究であると承認されています。ご希望があれば、個人情報の保護及び本研究の独創性の確保に支障がない範囲内で、研究計画及び研究の方法に関する資料を入手又は閲覧することができます。その場合は、下記連絡先までご連絡をお願いします。


連絡先
綾部市立病院 呼吸器外科
部長 下村雅律
0773-43-0123

pagetop