小児科

概要

子どもは症状を的確に伝えることができません。私たちは子どもが示してくれるサインを見逃さずに早期に診断・治療を行うことに努めます。当科では感染症などの急性疾患を中心に、アレルギー疾患、内分泌・代謝性疾患、神経疾患の診療を近隣の施設、大学病院と連携して幅広い診療を行います。また院内で出生した新生児の健診ならびに病的新生児の治療と発達のフォローを行います。
常勤医師4名、非常勤医師5名で診療を行います。

診療内容

1.一般外来
月曜日~金曜日(8:30~11:30)
各曜日の担当医が感染症など急性疾患の診療を行っています。

2.1ヶ月健診・乳児健診(0~12ヶ月)*要予約
月曜日・火曜日(13:30~14:30)
院内出生児の1ヶ月健診や希望の乳児健診を行っております。
身体計測、医師の診察による発育・発達の評価、育児のアドバイスなどを行っています。

3.予防接種 *要予約
木曜日(14:00~15:30)
BCG接種のみ水曜日(13:30~14:00)
毎週木曜日午後から予約制で行っています。予防接種スケジュールの相談やアレルギー、神経疾患など基礎疾患がある方の相談にも応じています。また、早産児・慢性肺疾患・先天性疾患を持つ小児が対象のRSウイルス感染症の重症化を予防するシナジス注射も各担当医の専門外来で対応しています。電話にてお問い合せください。

4.小児循環器外来 *要予約
火曜日(9:30~11:00)
担当医師:河井 容子
(夏休み期間の予約は2ヶ月以上前にお願いします。)
心電図、超音波等の検査を行い、先天性心疾患や不整脈の診療を行っています。

5.慢性疾患外来 *要予約
月・火曜日(14:00~15:30)
担当医師:大内 一考(小児科一般・小児リウマチ・膠原病・アレルギー)
関節超音波を用いた小児リウマチの診療および膠原病の診察を行っています。また、喘息・食物アレルギー・夜尿症の診療も行っています。食物アレルギーに関しては、経口食物負荷テストも行っております。
*上野たまき医師は非常勤医師として第3火曜日のみ午後の慢性外来の診療を行います。
水曜日(9:00~11:30)
担当医師:戸澤 雄紀(神経・発達外来)
神経・発達外来では、てんかんなどの発作性疾患、神経筋疾患の診療、脳性麻痺児や重症心身障害児、脳炎・脳症後の児のフォローアップを行います。また自閉スペクトラム症やADHDの児の投薬や専門療育施設(舞鶴こども療育センター)と連携して療育指導などを行います。
水・金曜日(14:00~15:30)
担当医師:杉本 哲(小児科一般・内分泌・代謝)
甲状腺疾患や低身長、糖尿病などの診療を中心に喘息などのアレルギー疾患の診療を行います。京都府立医科大学と連携して、高度肥満のお子さんに対して血液検査による肥満関連遺伝子多型(ダイエット効果が弱い体質をもっているか)を調べています。

スタッフ紹介

氏名卒年役職名専門分野資格
大内 一孝
(おおうち かずたか)
H16年部長 小児科一般,
小児リウマチ・膠原病,
小児腫瘍
医学博士
日本小児科学会専門医
日本小児リウマチ学会員
日本小児感染免疫学会員
日本小児放射線学会員
日本小児血液・がん学会員
PALSインストラクター
NCPRプロバイダー
茂原 慶一
(しげはら けいいち)
H18年医師 小児科一般
新生児内分泌代謝
日本小児科学会専門医
山岡 沙矢子
(やまおか さやこ)
H22年医師 小児科一般日本小児科学会員
日本新生児成育医学会員
上野 たまき
(うえの たまき)
H8年非常勤医師 小児科一般日本小児科学会専門医
河井 容子
(かわい ようこ)
H13年非常勤医師 小児循環器日本小児科学会専門医
小児循環器専門医
戸澤 雄紀
(とざわ たけのり)
H15年非常勤医師 小児神経医学博士
京都府立医科大学小児科助教
日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会専門医
日本てんかん学会専門医
金山 拓誉
(かなやま たくよ)
H20年非常勤医師 小児科一般日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
阪上 智俊
(さかうえ さとし)
H21年非常勤医師 小児科一般日本小児科学会専門医

お知らせ

RSウイルス感染症の治療のため、当院に入院された患者さんの診療情報を用いた医学的研究に対するご協力のお願い

研究責任者
綾部市立病院 小児科
大内 一孝
連絡先電話番号 0773-43-0123

このたび当院では、上記のご病気で入院・通院された患者さんの診療情報を用いた下記の医学的研究を、当院倫理委員会の承認ならびに病院長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。

この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また、患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を「8.お問い合わせ」に示しました連絡先までお申し出くださいますようお願いいたします。

1.対象となる方
対象:2016年1月1日から2018年8月31日の期間中、当院でRSウイルス感染症(アールエスウイルス感染症、以下RSV)の治療のため入院された2歳未満の方

2.研究課題名
京都府における重症RSV症例の発生動向についての多施設調査

3.研究実施機関
京都第一赤十字病院新生児科

4.本研究の意義、目的、方法
●RSVは冬季に流行する乳幼児の重症呼吸器感染症の重要な病原ウイルスであり、乳幼児期早期や基礎疾患を持つ患者さんに対して入院を要するような重症下気道感染症を起こすことがあります。近年、RSV流行時期の変化が顕著であり、夏季~秋季に流行のピークが見られるようになっています。
●本研究の目的は、今後のRSV感染症の重症化予防策を考える上で、京都府内の重症RSV患者の発生動向を把握することです。本研究は今後、重症RSV感染症診療やRSV感染予防を行っていく上で、有益な情報になると考えます。
●RSV感染症のため当院に入院した2歳未満の患者さんについて、診療内容の情報を電子カルテから収集いたします。

5.協力をお願いする内容
入院年月、入院時月齢、性別、在胎期間、基礎疾患の有無、パリビズマブ(シナジス)の接種歴、重症度など、診療録に記載されている情報を提供いただきます。

6.本研究の調査実施期間
2018年11月1日~2019年8月31日

7.プライバシーの保護について
本研究では、匿名化した患者様のデータを集計し、その数値を結果として発表する予定ですので、患者様個人の診療情報が発表されることはありませんし、また、患者様を特定できるような情報も含まれません。

8.お問い合わせ
本研究に関する質問や確認のご依頼は、下記へご連絡ください。
また本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、診療情報の利用の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合も下記へのご連絡をお願いいたします。

綾部市立病院
小児科 部長 大内 一孝
連絡先:0773-43-0123

pagetop