一般・消化器外科

概要

創傷処置や外来小手術などの一般外科のほか、消化管、肝胆膵などの消化器疾患に対して専門的な外科治療を行っています

診療内容

DSC_0306

当科は、創傷処置や外来小手術などの一般外科のほか、胃、小腸、大腸などの消化管疾患と肝臓、膵臓、胆道などの実質臓器の疾患に対して、専門的な外科治療を行っています。がんに対する手術については、基本的にガイドラインに基づいて方針を決定していますが、高齢の方や合併疾患を持った方も多く、術後QOL(生活の質)を考慮し、最善と考えられる方針を十分なインフォームドコンセントの上で決めています。最近では大腸、胆石症に対する手術は、腹腔鏡下手術を第一選択とし、手術創が小さく術後疼痛の少ない低侵襲の外科治療を実施しています。

手術症例

平成26年4月~平成27年3月
胃、十二指腸 17例
小腸 15例
大腸 59例
肝胆膵 42例
その他(ヘルニア、虫垂炎など) 80例

スタッフ紹介

氏名卒年役職名専門分野資格
鴻巣 寛
(こうのす ひろし)
S52年院長外科一般、消化器日本外科学会指導医
日本消化器外科学会認定医・指導医
ICD
京都府立医科大学消化器外科臨床教授
沢辺 保範
(さわべ やすのり)
S61年診療部長外科一般、消化器日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
麻酔科標榜医
日本ヘルニア学会評議員
検診マンモグラフィー読影医
京都府がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
岡山 徳成
(おかやま とくなり)
H9年部長外科一般、消化器日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
岡島 航
(おかじま わたる)
H20年医長外科一般、消化器医学博士
日本外科学会専門医
京都府がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了
2014年 アメリカ外科学会 Clinical Congress2014 Posters of Exceptional Merit
2015年 第115回 日本外科学会定期学術集会 Young Investigator's Award
pagetop