医療技術部 栄養科

栄養科の基本理念

私たちは、安全でおいしく、個々の病状に合った食事を提供することにより、患者様の栄養状態の改善を図り、疾病治癒に貢献することを目指します。

基本方針

①衛生に配慮し、安全な食事を提供する。
②嗜好や病状の変化に対応し、喫食率を高める努力をする。
③病状による規制のある中でも、おいしい食事を提供する。
④疾病に対し、家庭での食事作りの参考となる食事を提供する。
⑤個々の患者様の栄養状態を把握し、栄養改善に努める。
⑥必要に応じ栄養指導、栄養教育を実施する。
⑦チーム医療の一員として栄養改善、栄養管理に関わる。

概要

栄養科では入院患者様の栄養管理と適切な食事の提供に日々取り組んでいます。DM回診やNST回診、褥瘡回診などのチーム医療に参加し、多職種で関わりながら患者様の栄養状態の改善に努めています。外来および入院患者様には、医師の指示のもと積極的に栄養指導を行っています。指導担当者は日本糖尿病療養指導士等の専門資格を得るべく自己研鑽に努めています。また、患者様および地元市民の皆様の健康増進の一助となるよう、定期的に糖尿病教室や糖尿病食試食会、生活習慣病予防教室などの健康教室を企画、開催しています。

入院中のお食事について

施設基準「入院時食事療養(Ⅰ)」に基づき、給食管理業務を行っています。食事内容は主治医の指示に基づき、病態にあった内容で提供しています。温冷配膳車(デリカートG3)を採用し、適時適温給食を実施しています。当院の特徴として、お米、お茶は地元産を使用しています。できるだけ国産の食品を使用し、患者様の嗜好を取り入れながらバランスの良い食事となるよう提供しています。

特別な食事制限がない、常食や小児食の方には毎日昼食と夕食に選択メニューを実施しています。その他、行事食や誕生日のお祝い膳、ご出産お祝い膳、朝パン食を希望される方への特別メニュー(有料)や個別対応食など、さまざまなサービスを行っています。

食事の配膳・下膳時間

朝 食 :
配膳時間 7:30/下膳時間8:30
昼 食 :
配膳時間 12:00 /下膳時間13:00
夕 食 : 
配膳時間 18:00 /下膳時間19:00

食事のご紹介

選択メニュー
1.常食と小児食に毎日選択メニューを実施。別途料金の徴収はありません。
2.事前に用紙をお配りして、AかBのメニューを患者様に選んでいただくシステムです。

画像 A.牛肉の甘辛炒め
画像 B.炊き合わせ

行事食
1.四季が感じられるよう、四季折々の行事に関係する食材を使用します。
2.手作りのメッセージカードを添えています。

画像 雛祭り
画像 七夕

誕生日お祝い膳


1.入院中に誕生日を迎えられた患者様へお祝い膳を提供しています。
2.誕生日当日の夕食にハンバーグ、ミニケーキ、手作りのメッセージカードを添えています。
3.特別治療食の場合、特別食の基準の範囲内でできる限りの対応をしています。

画像 (常食)誕生日お祝い膳

産後食

1.産後食の食器は基本的に毎日陶器を使用しています。
2.産後3日目の夕食にお出しするご出産お祝い膳では、ステーキや紅白まんじゅうなど提供しています。
3.ご出産お祝い膳には松花堂弁当を使用し、手作りのメッセージカードを添えています。

画像 ご出産お祝い膳

特別メニュー
1.朝食にパンを希望する方を対象に、パンとそれに対応した副食の提供をしています。(平日のみ実施)
2.事前に申込みされた方のみ、1食100円(税抜)の追加料金を頂いて実施しています。

画像  
画像  

あっさり食
1.化学療法などの食欲低下時に、食べやすいように工夫した食事です。
2.においを少なくするため、陶器を使用し、冷たいおかず中心にしています。
3.患者様の嗜好を考慮し、主食や飲み物などを幅広く選択できるシステムとなっています。

画像 鮭のレモン焼き
画像 ツナ入り玉子焼き

摂食嚥下困難時の対応
1.嚥下の状態に応じて、嚥下食を3段階としています。
2.嚥下食Ⅲ、嚥下移行食には手作りのお茶ゼリーを提供しています。
3.各食種毎にキザミやミキサー対応をしています。また、必要に応じてとろみつきの形態としています。

 

画像 嚥下食1
画像 嚥下食2
画像 嚥下食3
画像 嚥下移行食
コード形態食品例当院の食事との対応必要な咀嚼能力
0j均質で、付着性、凝集性、硬さに配慮したゼリー・エンゲリード
・お茶ゼリー
・果汁ゼリー
嚥下食Ⅰ(ゼリー)若干の送り込み能力
0t均質で付着性、凝集性、硬さに配慮したとろみ水・とろみをつけたお茶や果汁とろみ茶若干の送り込み能力
1j均質で付着性、凝集性、硬さに配慮したゼリー、プリン、ムース状のもの・重湯ゼリー
・ミキサー粥のゼリー
・ゼリー、ムース、蛋白質を含んだ0j相当のゼリー
嚥下食Ⅱ(ゼリー、半固形)若干の食塊保持と送り込み能力
2-1均質でべたつかず、まとまりやすいピューレ、ペースト、ミキサー食・粒がなく付着性の低い重湯や粥
・ミキサーにかけ、粒を濾し、とろみ調整食品などで凝集性を付加したもの
嚥下食Ⅲ(半固形、ミキサーとろみ付形態)下顎と舌の運動による食塊形成能力および食塊保持能力
2-2べたつかず、まとまりやすい、不均質なものも含むピューレ、ペースト、ミキサー食・粒があるが離水がなく、付着性も低い粥類
・ミキサーにかけ、とろみ調整食品などで凝集性を付加したもの
ミキサー食下顎と舌の運動による食塊形成能力および食塊保持能力
3形はあるが押しつぶし、食塊形成が容易で、離水が少なく、嚥下しやすいよう配慮されたもの・離水に配慮した粥
・つなぎを工夫したハンバーグの煮込み、あんかけした柔らかい野菜の煮物、軟らかいスクランブルエッグなど
嚥下移行食(キザミとろみ付形態)舌と上顎の押しつぶし能力以上
4ばらけにくく、張り付きにくい、箸やスプーンで切れる軟らかさのもの・全粥、軟飯・素材に配慮した煮込み料理、出汁巻き卵など全粥食、軟菜食等上下の歯ぐきでの押しつぶし能力以上

※「日本摂食嚥下・リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013」コード分類を参考に綾部市立病院作成

リハビリ食器の使用
1.必要時リハビリ食器を使用しています。
2.すべり止め効果のあるリハビリトレーも必要に応じて対応しています。

画像 リハビリ食器
画像 リハビリトレー
その他
1.食物アレルギーに対する対応を厳密に行っています。
2.喫食量に合わせた分量の対応、嗜好に合わせた濃厚流動食、栄養補助食品の追加など、必要に応じて対応しています。
3.お箸を提供しています。スプーン、フォーク、先割れスプーンなど、患者さまの状態に応じてお出ししています。

栄養管理

入院時に患者様の栄養状態を評価し、栄養管理計画書を作成しています。定期的に個々の患者様の喫食量調査を実施し、喫食量の少ない患者様には嗜好聞き取りを行ったり他職種と相談しながら食形態を考慮し、喫食率の向上に努めています。必要な場合はNSTで栄養状態の改善を図ります。

栄養指導

個別に栄養相談に応じる個人栄養指導と、集団で行う集団栄養指導を実施しています。

個人栄養指導

主治医の指示のもとで、個別に栄養指導を実施しています。月~金曜日は9:00~17:00まで予約制で行っています。外来指導の場合は患者様の便宜を図り、主に外来受診日の待ち時間に実施しています。初回指導時間は約1時間枠をおとりしています。場所は西館1階の栄養相談室です。

集団栄養指導

【糖尿病教室、糖尿病試食会】

当院の患者様だけでなく、綾部市内外の開業医通院患者様やご家族の方にも参加していただけます。糖尿病における知識を楽しく学んでいただき、生活習慣の改善を図ることにより、良好な血糖コントロールを維持していただくことを目標としています。糖尿病専門医をはじめ、糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士が協力して教室を企画運営しています。チーム医療としては活動の歴史が長いチームです。

【開催日時】
毎月1回 月曜日(13:00~15:00) 毎回テーマを決め、1回のみの参加でも理解できる内容です。
毎月1回 月曜日(12:30~14:30) 試食会。定員15名の予約制で実費が必要となります。
毎年1回 特別企画(平成27年度:糖尿病デーイベント開催)

> 教室のご案内はこちら

【生活習慣病予防教室】

糖尿病をはじめとする生活習慣病予防のための教室を年2回(7月・1月)、土曜日10:00~12:00に開催しています。食事療法、検査結果の見方や運動について医師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士が講義を行っています。参加は無料、お申し込みは不要です。

> 教室のご案内はこちら

【母親学級】

母親学級は第1、3水曜日13:00~15:00、当院に通院されている妊婦様対象に開催しています。前期の母親学級(第3水曜日開催)の中で管理栄養士が食事についてのお話しをしています。参加は無料ですが、お申し込みが必要です。

> 教室のご案内はこちら

その他:チーム医療活動

DM(糖尿病サポートチーム)回診
入院中の糖尿病患者様に、よりよい支援ができるよう、毎週月曜日に糖尿病専門医、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士が各病棟を回診し、情報交換を行っています。

NST(栄養サポートチーム) 回診
外科医師、内科医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士、管理栄養士がチームを組み、入院患者様の治療に貢献できるよう、栄養状態の改善を目指しています。毎週水曜日に病棟回診を行っています。

褥瘡回診
皮膚科医師、皮膚排泄ケア認定看護師、看護師、薬剤師、管理栄養士がチームを組み、毎週木曜日に褥瘡回診を行っています。管理栄養士は入院患者様の食事の摂取状況の確認や、栄養状態の評価と褥瘡治癒のための栄養摂取に向けて取り組んでいます。

pagetop