平成29年度 綾部市立病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 317 56 64 50 114 156 530 800 880 382
当院は、地域の病院として幅広い年齢層の患者様に利用していただいています。最も多い年齢層は80歳代の患者様(約26%)でした。
70歳以上の患者様の割合は全体の60%以上を占めており、地域社会の高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 97 28.14 17.71 1.03% 86.10
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし-副病:なし 80 3.88 3.03 0.00% 70.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 71 47.49 20.83 8.45% 88.20
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 39 12.08 10.61 0.00% 78.05
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 33 3.49 4.62 0.00% 73.64
入院される患者様は、70歳代から80歳代の高齢者の方が主となっています。
心不全加療の入院がもっとも多く、狭心症のカテーテル手術や検査、高齢者の誤嚥性肺炎、胆石や胆管炎の入院が上位を占めています。
また患者平均年齢が高いため、平均在院日数が全国平均を上回っていると推測されます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 52 5.85 5.70 0.00% 2.42
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 36 5.72 6.32 0.00% 4.47
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-副病:なし 33 6.64 5.94 0.00% 0.45
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎-処置2:なし 30 5.53 6.03 0.00% 1.83
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 25 4.32 5.50 0.00% 2.84
マイコプラズマやRSウイルスによる肺炎、急性気管支炎などの小児呼吸器疾患の症例が多く、6日程度の入院になっています。次いでノロウイルスやロタウイルスなどによる感染性胃腸炎などの消化器疾患の症例が挙げられます。嘔吐や下痢といった症状があり、脱水症が進行しないよう治療を行います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:1あり-副病:なし 50 8.24 21.34 0.00% 73.30
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置2:なし-副病:なし 26 7.35 10.04 0.00% 43.19
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 20 7.75 11.99 0.00% 69.15
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-手術なし-処置2:6あり-副病:なし 20 3.80 4.47 0.00% 62.10
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:なし 15 7.53 12.35 0.00% 74.60
肺癌が最も多く、手術、手術前および手術後の化学療法、手術後の定期的なフォローなどを行っています。2番目は気胸の手術症例となっています。次いで多いのが大腸癌の化学療法です。計画的に短期入院を繰り返すというものです。
※鼠径ヘルニア手術に係る患者数はDPC(診断群分類包括評価)の対象ではないため、上記の表には現れておりません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 101 35.70 27.09 19.80% 87.02
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 46 38.85 19.94 6.52% 81.54
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-その他の手術あり-処置2:なし 31 29.32 17.28 0.00% 73.65
160760xx97xx0x 前腕の骨折-手術あり-副病:なし 16 6.75 5.21 0.00% 64.88
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等-処置1:なし 15 39.80 22.08 13.33% 73.67
高齢化に伴い、大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折等の症例が多くなっています。最も多い症例は大腿骨骨折で手術後はリハビリを中心とした治療を行っています。脊椎圧迫骨折に対してはリハビリを中心とした治療を行っています。また、前腕の骨折の手術、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患に対する手術にも力を入れています。
手術後や急性期治療を終了した患者様では、地域包括ケア病棟という自宅や介護施設への復帰に向けて経過観察やリハビリを中心に行う専門病棟に転棟していただくことが多い為、平均在院日数が長くなっています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産-手術なし-処置2:なし - - 20.41 - -
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍-手術なし-処置2:5あり-副病:なし - - 4.75 - -
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.43 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等 - - 9.91 - -
120060xx99xxxx 子宮の良性腫瘍-手術なし - - 5.64 - -
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術等-処置1:なし-副病:なし 38 5.63 5.75 0.00% 65.84
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 32 14.81 12.34 3.13% 81.03
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし 26 6.62 7.31 0.00% 78.46
11013xxx06xxxx 下部尿路疾患-膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等 17 6.77 5.74 0.00% 77.35
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置2:なし-副病:なし 11 3.36 8.50 0.00% 68.82
尿路結石、膀胱癌に対する侵襲性の低い経尿道的手術を多く行っています。次いで腎盂腎炎など腎臓または尿路の感染症の症例が多く、治療法は、抗生剤投与がメインとなります。また、腎不全患者様の透析治療や、シャント作成、シャントのトラブルにも対応しています。
※前立腺生検、経皮的シャント拡張術・血栓除去術はDPC(診断群分類包括評価)の対象ではないため、上記の表には現れておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 4 4 15 5 27 1 7
大腸癌 5 11 9 32 - 32 2 7
乳癌 10 10 2 1 - 2 1 7
肺癌 42 26 21 33 16 10 1 7
肝癌 9 3 1 1 2 32 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに集計したものです。①がんの大きさや進展度、②リンパ節転移、③遠隔転移の有無によって病期(ステージ)が決定します。病期(ステージ)は数字が大きいほど「進行しているがん」であると表されます。なお、再発がんは症例数のみを別に集計しています。
当院では肺癌の症例数が最も多く、次いで大腸癌、胃癌、肝癌、乳癌の順となっております。また、ステージⅠの早期がんだけでなく、Ⅲ期やⅣ期といった症例についても診療をしています。
※件数は延べ患者数です。つまり、集計対象期間中に複数回入院された患者様は入退院を繰り返した回数分をカウントしています。
※患者数が0(ゼロ)の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 10.90 57.20
中等症 57 29.49 85.02
重症 8 41.50 83.63
超重症 16 23.25 89.69
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が、肺炎等の患者を集計しており、入院後に発症した肺炎、誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス肺炎は除いています。
肺炎重症度分類の定義(A-DROPスコア)に基づき、入院時の状態から重症度を決定し、重症度ごとに患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
当院では「中等症」の症例が最も多く、全体の7割以上を占めています。
また、軽症の患者様の平均年齢が60歳以下であるのに比べて、中等症~超重症では平均年齢は80歳以上で、市中肺炎は高齢者ほど重症度が高い傾向が見られます。
※患者数が0(ゼロ)の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 67 41.49 78.00 16.00%
その他 8 26.00 78.13 1.33%
脳梗塞は、脳に酸素や栄養を送る血管が細くなったり、詰まってしまうことによって、脳が壊死または壊死に近い状態になってしまう病気で、治療が遅れると死亡したり、重い後遺症が残りますが、発症後早期に治療することによって、社会復帰できる可能性が高くなります。
脳梗塞では約90%の患者様が、発症日から3日以内に治療を受けられています。
急性期脳梗塞の患者様の平均年齢は80歳に近く、いわゆる後期高齢者の方が多くなっています。平均して40日間程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、15%ほどの患者様が継続リハビリのためによりリハビリを専門とする病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 22 4.64 13.32 0.00% 79.27
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 19 2.79 5.68 0.00% 66.32
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 19 4.26 13.32 0.00% 78.37
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 18 3.17 3.89 0.00% 75.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 18 0.67 9.89 0.00% 76.44
内科は内視鏡やカテーテルを中心とした低侵襲(体にかける負担が少ないとされている)治療を行っています。
消化器内科では、胆道の結石や腫瘍で、胆道が閉塞・狭窄したことによる閉塞性黄疸や胆道炎患者さんに内視鏡を用いた乳頭切開術や胆道ステント留置術を数多く行っております。また肝癌に対する肝動脈化学塞栓術(カテーテルを通じて肝臓の動脈へ抗癌剤等の薬剤を注入する治療法)も多くなっています。
また循環器内科では、頻拍症や心房細動・心房粗動などの頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション治療(心筋焼灼術)、狭心症等に対する冠動脈ステント(拡張することができる網目状の小さな金属製の筒)を用いたカテーテル治療の症例数が多くなっています。経皮的冠動脈ステント留置術は手術コードの細分化により分散しているため、実際の症例数とは異なります。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 38 1.05 5.92 0.00% 73.95
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 24 3.29 3.04 0.00% 42.17
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 24 1.25 4.33 0.00% 66.38
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.29 2.91 0.00% 70.48
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 1.56 7.39 0.00% 66.06
全体的には腹腔鏡や胸腔鏡による鏡視下手術を目的とした入院が多くなっています。従来の開腹手術(開胸手術)より低侵襲で短期に退院することが可能となっています。
呼吸器の手術は、肺癌と気胸に対する胸腔鏡手術が主流となっています。
その他にも、ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術なども積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 86 0.99 33.20 10.47% 80.63
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 56 3.89 30.46 5.36% 73.55
K0811 人工骨頭挿入術(股) etc. 36 1.03 32.00 27.78% 85.06
K0821 人工関節置換術(股) etc. 26 1.96 34.73 0.00% 74.12
K0462 骨折観血的手術(前腕) etc. 23 1.78 14.30 8.70% 65.70
平均年齢から高齢者の骨折が多いことがわかります。
高齢者や骨粗鬆症の患者様に多くみられる大腿骨近位部骨折の手術(骨接合術、人工骨頭挿入術)を多く行っています。
また、脊椎の手術や、変形性股関節症に対する人工関節手術等幅広く整形外科疾患に対応しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K9062 子宮頸管縫縮術(シロッカー法) - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - - - - -
※患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 140 1.00 1.00 0.00% 78.56
眼科では、白内障に対して行われる水晶体再建術を多く行っています。白く濁った水晶体を超音波などで細かくして吸引した後に「眼内レンズ(人工のレンズ)」を挿入します。
※平成29年度は集計対象となる手術症例数は白内障以外ありません。また水晶体再建術はDPC(診断群分類包括評価)の対象ではないため、「指標2診断群分類別患者数等」の表には現れておりません。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 37 0.00 1.32 0.00% 73.35
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 37 1.30 3.35 0.00% 65.43
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 26 1.46 4.15 0.00% 78.46
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 19 1.42 16.16 10.53% 77.37
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) etc. 16 1.13 4.31 0.00% 77.50
泌尿器科では、経皮的シャント拡張術・血栓除去術が多く施行されています。透析治療を支える手術であり、2日~3日の入院期間で退院されています。
次いでレーザーによる尿路結石除去術、膀胱癌に対する手術が多くなっています。その他にも、尿管狭窄に対する経尿道的尿管ステント留置術、膀胱結石摘出術を実施しています。侵襲性の低い経尿道的手術が主流となっています。経尿道的手術は、尿道から内視鏡を挿入して治療を行います。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.03%
異なる 7 0.21%
180010 敗血症 同一 16 0.48%
異なる 6 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.42%
異なる 1 0.03%
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される4つの傷病名について発症率を集計しています。
医療資源を最も投入した病名と入院のきっかけとなった病名が同一かそれ以外で件数を集計しています。
播種性血管内凝固症候群は、重症の基礎疾患のため全身の細小血管内で微小血栓が多発して、臓器不全・出血傾向がみられる重症な病態です。
敗血症は、血液の感染症によって起こる、全身性炎症反応の重症な病態です。肺炎・蜂窩織炎・腎盂腎炎等の感染症が原因となっている場合もあります。
真菌感染症は、真菌が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。主病名が「その他の真菌感染症」の患者数は0(ゼロ)です。
手術・術後の合併症は、術創部の感染の他、人工股関節の脱臼、透析用カテーテルの狭窄や閉塞などの症例が見られました。
なお、発症率(%)は各集計項目ごとの患者数/全退院患者数(3,349人)で算出しております。
※症例数が0(ゼロ)の場合は、-(ハイフン)を表示しています。
更新履歴
2018/9/25
平成29年度病院指標を掲載。
2017/9/27
平成28年度病院指標を掲載。
2016/9/26
平成27年度病院指標を掲載。