薬剤部のご紹介

医療者向け薬剤部はこちら

薬剤部長からのご挨拶

HP用部長写真

初めまして、薬剤部長の杉田です。近年、皆様もご存じのとおり医療機関は、患者さまにやさしく親切な病院であることを求められており、当院の職員も院長指揮のもと、皆が同じ方向をめざして取り組んでおります。

当院の薬剤師も、いろいろな所で患者さまと接する機会が増えており、お薬をより効果的かつ安全に服用いただけるようお話しております。また医師や看護師と協働し、患者さま個々に合わせた適切な量に薬を調節するなど、患者さまが見えない部分でも尽力しております。

薬や治療に関してお困りになられた時には薬剤師をご活用ください。お答えできる範囲でお話させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

薬剤部長 杉田 直哉

概要

薬剤部は病院理念である「患者さま本位の医療」をめざし、業務にあたっています。またチーム医療にも積極的に参加し、病院全体で安全でよりよい医療が提供できるよう努めています。

業務内容

【調剤業務】
電子カルテを使用し、オンラインで安全かつ効率的な調剤を行っております。調剤監査システムを用いて患者さまごとに薬歴管理、重複投与、相互作用等の処方チェックを行っております。調剤過誤防止、調剤の迅速、効率化を図るため、さまざまな調剤用機器を導入しております。
①自動錠剤分包機
②散薬監査システム
③水薬監査システム
④ピッキングマシン(自動注射薬取り揃え機)

1.内服、外用薬調剤
処方箋に基づき安全で、正確な調剤を行っております。服用する薬が多い患者さまには、自動錠剤分包機を用いて複数の薬を分包することで服用間違いを防止します。またお薬説明書を作成して文書による情報提供を行っております。

2.入院調剤
ピッキングマシン(自動注射取り揃え機)を利用して、患者さまごとに1日分ずつセットして払い出しています。

3.お薬相談
お薬相談窓口で外来患者さまの薬に関するさまざまな相談や問い合わせに対応しております。

tyuusya1

注射調剤

b

ピッキングマシン

naihuku1

調剤業務

d

錠剤分包機

【抗がん剤無菌調製】
抗がん薬の計量調剤は薬剤師が安全キャビネットを用い、万全の事故防止体制で行っております。ほかにもレジメン(抗がん剤の投与量・投与速度などの記載された投与計画書)や治療スケジュールの作成援助、薬歴管理、処方監査も併せて行っております。

【薬剤管理指導業務】
入院患者さまに服薬中の薬や注射薬について説明、指導を行い、相互作用や副作用の確認、薬歴管理を行っております。

mukin1

抗がん剤計量調剤

1

薬剤管理指導

DM team1

糖尿病チーム

【チーム医療への参画】
医師、看護師、コメディカルなどの医療スタッフとともに、多職種の中で専門性を発揮し、よりよい治療を行えるように活動しています。糖尿病チーム、感染制御チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム、褥瘡管理チームなど様々な医療チームに参加しております。

【病棟活動】
入院患者さまが持参された薬の確認や内服薬に関して、患者さま自身が管理できない場合に看護師預かり(ナース管理)として、入院処方薬、持参薬の管理を行っています。

【医薬品情報(DI)業務】
医薬品情報業務とは、診療に使用される医薬品に関する様々な情報を収集、整理、提供する業務のことです。情報を早く・正確に製薬会社・書籍・インターネット等で入手し、医薬品情報室で管理しています。その中から必要な情報を抽出して、医師や他の医療従事者ばかりではなく患者さまにも提供しています。

【院内製剤】
治療に必要でありながら市販されていない特殊な薬剤を、医師の依頼に基づいて調製しています。

【病院実習受け入れ】
薬学生の病院実習の受け入れ行っています。

pagetop