看護部

看護部専用ページはこちら

訪問看護ステーション

みなさまへ

0828ayabeHP_0011

私たちは、患者さまご自身のもてる力に働きかけ、回復力を高める援助を行います。限りあるいのちと真摯に向き合い、“全力で生きる”を支えます。住み慣れた地域で療養中の方には訪問看護師が伺い、安心して暮らしていただけるように生活環境を健康的に整えます。

私たちは地域医療に貢献することを使命と考え、やりがいをもって援助致します。次のような看護部理念の実践をめざし、最善のケアをお届けします。

私たちは、患者さまの立場に立ち全人的な看護を提供します。
1.入院から退院まで患者さま一人ひとりに最良のケア提供を目指して担当看護師を配置しています。
2.安全で安心して療養していただけるよう、職員一人ひとりが事故防止対策を実施しています。
3.患者さま、ご家族の思いを尊重し痛みを和らげるよう援助します。

私たちは、豊かな感性を育てあたたかい心で看護します。
やさしい思いやりの心と笑顔で患者さまに接します。

私たちは、自己能力の開発に努め看護実践の水準を高めます。
1.新人からベテランまで段階に応じた継続教育プログラムを実践しています。
2.向上心のある職員を、専門資格取得のための長期研修や学会に送り出しています。(皮膚・排泄ケア、緩和ケア、がん性疼痛看護、摂食・嚥下障害看護、糖尿病看護・フットケア、認知症看護、生活支援技術、救急看護、感染管理など)
3.職員一人ひとりが積極的に研修に参加し自己啓発に努めます。

看護部長 柏原喜美代

当院の認定看護師

kangobu240_01

田野邊悦子(皮膚・排泄ケア認定看護師)

皮膚・排泄ケア認定看護師は、スキンケアを中心に床ずれや外傷性の傷など創傷(そうしょう)管理と排泄にまつわる失禁(尿・便)に伴う不快な症状の軽減、皮膚トラブルの改善、人工肛門・人工膀胱(ストーマ)などによる皮膚トラブルを解消できるように患者・ご家族様と一緒に解決できるような環境をつくり、看護師の教育や指導を行うことで患者さまにより良い看護が提供できるように取り組んでいます。

kangobu240_02

白波瀬 道子(緩和ケア認定看護師)

病気になると体だけでなく、不安や心配からも患者さまやご家族の生活が変化していくことがあります。
「緩和ケア」は、病気と診断された時から身体や心の辛さに対し、患者さまやご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生をおくることができるように支えていくケアです。一人で考え込まずに、がんについて話せる場として、がんサロンの開催にも協力をしています。外来通院、入院中を問わず相談に応じていますので、気軽に相談してください。

kangobu240_03

塩見 美代子(摂食・嚥下障害看護認定看護師)

「摂食・嚥下」とは難しい言葉ですが、食べたり飲んだりすることです。当たり前の動作ですが、病気によってうまく食べられなくなることがあります。食べられない状態が続くと体調を崩すだけでなく、家族と食べる楽しみや生きがいまでもなくしてしまうことにつながります。そのような患者さまが再び安全に楽しく食べていただくことができるように援助していきます。

kangobu240_04

村上 美智子(糖尿病看護認定看護師)

患者さまやご家族が食事療法、薬物療法、運動療法、フットケアなど、セルフケア行動への動機づけができるよう支援をしています。毎週月曜日に糖尿病チームで回診を行っています。患者さまの療養を支えるためのケアの方向性を共有するとともに、スタッフ教育の場としても活用しています。毎週火・木曜日は外来で療養指導を行っています。また、透析患者さまへのフットケアを行い、透析センタースタッフと協同し、足病変の予防に努めています。各病棟のリンクナースとの連携や、コンサルテーションを通して糖尿病看護の拡がりを目指しています。糖尿病は生涯にわたって生活調整を必要とする疾患です。患者さまが話しやすい環境を用意し、患者さまの気持ちを聴く姿勢を大切に、今後も支援をしていきたいと考えています。

kangobu240_05

木下 淳(糖尿病看護認定看護師)

2014年に糖尿病看護分野で2人目の認定看護師になりました。村上さんと共に糖尿病患者さまの支援に取り組んでいます。患者様、ご家族様には、楽しみ、生きがいを損なわず自分らしく治療を行ってもらいたと思っています。沢山話を聴き、生活者として患者様の理解に努めています。私の活動は、毎週木曜日に看護外来で、療養相談、透析予防支援、フットケアを、毎週金曜日には透析センターで下肢救済のためのフットケアを行っています。また、糖尿病の予防活動では、糖尿病教室、試食会、生活習慣病予防教室、市民公開講座を行っています。皆様のお役に立てることがあるかもしれません。お困りごとがありましたらお気軽にお声かけください。

kangobu240_06

牧野 敦子(がん性疼痛看護認定看護師)

患者さんやご家族の方は、がんと診断されたときから、体の痛みだけでなく、生活する上での気がかり、様々な不安や辛さを感じられると思います。これらの痛みを和らげるためには、どのような方法が効果的なのか、医師や薬剤師などと共に考え、患者さんやご家族が満足のゆく生活が送れるように、お手伝いしたいと思っています。
お困りのことがあればいつでも、がん相談センター窓口までお声をかけてください。

kangobu240_07

水口 尚子(感染管理認定看護師)

感染対策は、1人でも実践しなければ感染伝播を起こします。そのため、「職種と現場に合わせた実践できる感染対策の導入」をモットーに活動しています。現場に適した感染対策を実践することで、患者様や職員が安心できる病院であり続けたいと思っています。
具体的な活動内容は、感染症例ラウンド、環境ラウンド、分離菌の把握、医療関連感染サーベイランス、職業感染防止対策の実施、感染対策マニュアル作成・改定、マニュアル順守状況の確認、抗菌薬適正使用に向けた管理、勉強会の開催、地域連携カンファレンス実施、感染対策に関する情報提供、院内外からのコンサルテーションへの対応等を行っています。

kangobu240_08

西岡 さおり(認知症看護認定看護師)

認知症看護エキスパートナースとして6年間活動した後、より専門的な知識と技術を習得したいと考え、認知症看護認定看護師となりました。病棟で直接患者さまと関わりながら、認知症をもつ患者さまができるだけなじみやすい環境やケアをスタッフと一緒に考え実践しています。また、医療者や介護ご家族からの相談に応じたり、院内外で研修を行っています。今後は当院の認知症看護の質の向上、人材育成に力を入れて、また院内に留まらず地域に貢献できる認知症看護認定看護師を目指します。

iida2

飯田 祐子(がん化学療法看護認定看護師)

がん化学療法看護認定看護師は、抗がん剤治療を受ける患者さまとご家族が安心して治療を受けることができるように支援します。
がんと診断された患者さまやご家族の方は、抗がん剤の治療を受ける過程で、様々な気がかりを持たれるでしょう。たとえば、抗がん剤治療の選択や、副作用症状への不安、いままでの家庭や仕事の役割を継続できるかなどです。また、外来で治療される患者さまは、自宅で副作用症状に対処していくことにもなります。これらの抗がん剤の治療にまつわる不安や副作用症状の緩和を共に行い、満足のいく生活ができるように支援したいと考えますので、お気軽にがん相談センター窓口までお声かけください。

pagetop