医療技術部 視能矯正科

概要

皆様は「眼科で医師でも看護師でもない検査をしている人は誰?」と思われたことはないですか?私達は視能訓練士という国家資格をもった医療技術者です。

視能矯正科は、医師の指示のもと視能訓練士2名で眼科一般検査、斜視・弱視などの専門知識が必要な検査を行っています。私達は検査を通じ、皆様の大切な目の健康を守るお手伝いをしています。

業務内容

視能訓練士による各種検査

1、眼科一般検査
視力検査、眼鏡処方、眼圧検査、視野検査、眼底写真撮影など、眼科医師の指示のもと、診察に必要な検査を行っています。病気を正確に判断するための基礎となる検査です。

迅速かつ正確に検査を行っています。

ご希望に応じて眼鏡処方も行っています。見にくい、疲れるなど不都合がありましたらお持ちの眼鏡をご持参のうえ一度ご相談ください。(特殊な眼鏡が必要な場合は後日予約で行う場合があります)

IMG_5079

視力検査室

DSC_0207

視野検査室

2、眼科専門検査
斜視・弱視の検査・訓練を行っています。斜視や弱視は学童期までに原因をみつけて治療することが重要です。特に視力に関しては早期に発見し適切な治療・訓練が必要です。

当科では月・木曜日の午後から予約制で検査・訓練を行っています。

斜視・弱視の治療には長期間の通院を必要とします。成長に伴い目の変化を把握しながら治療を行っていかなければなりません。ご家族の方々の協力なくして治療はできません。しっかりとコミュニケーションをとりながら今後の方針など決めていきたいと思います。ぜひ私達と一緒に積極的に治療に参加してください。

3、視力低下者のリハビリ
高齢化社会、生活習慣病の蔓延などに伴い、治療をしても視機能が十分に改善しない方が増えてきています。そのような方に残存した視機能でより快適に日常生活が送れるよう必要な補装具の選定、また関連施設への紹介などを行っています。困ったことがあればあきらめず一度ご相談ください。

pagetop